高精度リアルタイムクロック(RTC)モジュールを手軽に試せる評価ボード
<RV8803-Raspi>
バックアップ電池(リチウム一次)搭載済み・時刻設定済みで出荷されます。
*RaspberriPI のHWCLOCKとしてもご利用頂けます。→詳細はこちら

★ 32.768kHz 水晶振動子の 温度特性 〜2次曲線の特性〜

・32.768kHz水晶振動子の温度特性

・ΔF =-0.035 * ℃^2 ( ppm ) ±10%

 

 ◎ 32.768kHz音叉型水晶振動子の特性は+25℃近辺を頂点にした、上に凸の温度特性になります。
32.768kHz水晶振動子 温度特性

 

周囲の温度変化の大きい環境では、水晶振動子単体では時刻の遅れが顕著になる傾向です。
時刻誤差は蓄積されるため、長期では時刻誤差が大きくなります。
  ↓ ↓ ↓

広い動作温度範囲で時刻精度が必要な場合は 温度補償リアルタイムクロックモジュール をお勧めします。

★高温・低温環境下でも高精度
温度補償型のリアルタイムクロックモジュール

 

 

 

・温度補償タイプでは『時刻の遅れ』が蓄積しないため長期での時刻誤差も抑えられます。
 → (実測例)高精度RTC『RV-8803-C7』の一年間の時刻誤差実測

<関連情報>
リアルタイムクロックモジュールの時刻精度『日差』及び『月差』について
高精度/温度補償リアルタイムクロック(RTC)モジュールの温度特性

 

------------------------------------------------------------------------------
* Raspberry PI は、RaspberryPI 財団の登録商標です。
------------------------------------------------------------------------------

 

<その他関連情報>
リアルタイムクロック(RTC)モジュールの Q&A
リアルタイムクロック(RTC)モジュールの主な機能
水晶振動子内蔵リアルタイムクロック(RTC)モジュールのメリット
リアルタイムクロック(RTC)モジュールの接続回路例(電源切替機能付き 及び 電源切替機能無しタイプ別)
リアルタイムクロック(RTC)モジュールのバックアップ電源自動切替機能について
型番毎の消費電流について (RV-8803-C7, RV-3028-C7, RV-8263-C7での実測例)
リアルタイムクロック(RTC)モジュールのバックアップ電池について(一次リチウムコイン電池・電気二重層・全固体電池)
I2Cインターフェースについて
リナックスドライバのダウンロード